TOPインターンインターンコラム一覧美大・技術系学生の就活

美大・技術系学生の就活

就活コラム

自分の専攻以外の企業は就活に弱い?

技術系・美術系学生へのベンチャー営業のすすめ

「美大に入って作品を作ってきたけど、今後は人材業界に入って人と関わり合う仕事がしたいと思って就活を始めました」

「専門学校でデザインを学んでだけど、学ぶうちに他の仕事の方が自分に向いてるなと思い始めてて……」

そんな学生が口を揃えて言う言葉はいつもこうです。
「でも、どこを見ればいいのかわからない……!」

自分の学んでいたことと違う学生を、企業はいらないんじゃないかな。専門系の大学生は、きっと来ても「ウチじゃないんじゃない?」と言われるかも。美大生だからってデザイン職ばっかりお勧めされてウンザリ!

このように、専門的なことを学ぶ学生ほど、学んだことだけを強みとして捉えられて自分の本当にやりたい働き方に挑戦しづらい仕組みがすでにできてしまっています。

そのイメージはきっと、「目的を持って今の大学に入ったんだろう」という目が生み出すもの。別に、間違ってはいません。でも、大学生活を実際に過ごしていく中で気づく生き方がありますよね。

じゃあ、他大の人にも負けない自分たちの強みって何?

君は○○(自分の専攻直結職)にならなくていいの?うちの企業は、君が好きなことができないかもしれないよ?

そう言われて他大生と同じスタートラインに立たせてもらえない、悔しい思いをする技術系学生の皆さん。武器が欲しいですよね。そんな技術系学生たちのの武器は何か、それはズバリ「プレゼン力」です。

自分の作品を誰かと作ろう、グループ展をしようと思った時、何気なく説得をする機会を持っていませんか?

「グループ展をするのに、参加者が必要なんだけど、一緒にやらない?」「映像作品を作りたいんだけど、資金はこのぐらい必要なんだ」何かをするのに必要な人集め、資金集め、技術系学生はこれを日常的に行っていることが強みなんです。

誰かを説得するときに不可欠なのが、その説明が「わかりやすいこと」。美大生なら、鑑賞者。技術系学生なら、使ってくれる人。制作の間にも常に、「どうやったら知識のない人にでも伝わるか」「どうやったら誰にでも使いやすくなるか」を意識して物を作ってきた経験、ありませんか?あなたの強みはそこにもあります。

ビジネスで営業をかけるのは、「あなたの企業について、サービスについて何も知らない人」たちです。そこで、あなたの会社の得意なことをつらつらと並べられても、聞いてくれる人は全く理解できません。

そこで、技術系学生の強みが発揮されます!例えば、新薬の営業をするとします。

美大生の場合
「昨年発見された○×ウイルスに対抗しうる□△ヘモグロビンの~」と言われても、きっと理解できないだろうな……。もっと分かりやすくするために、自分の絵で図示してみたらどうだろう?

分かりやすく説明できた!取引成立!

技術系学生の場合
新しい薬って、なんだか副作用とかもありそうで怖いよな……。信頼度を上げるためには、もっとわかりやすい統計図やデータ表を作ったらどうだろう?

見やすい図で自分も説明しやすい環境が作れた!取引も成立!

でも、実際の採用活動でも、そんな強みを理解してくれる人っているのかな?そんな不安を抱く皆さんにお勧めしたいのが「ベンチャー企業」です!

まだ伸びるからこそ、自分の想いが反映できる。

会社独自の顧客獲得と新規事業によって成長し続けるベンチャー企業では、常に個人個人の高い能力が求められます。

ということは、「新しい視点で営業ができる学生」は、ベンチャー企業にとって大きな魅力!また、その魅力を分かってくれるからこそ、学生の才能を発揮しやすい基盤が整っているんです。

美大生・技術系学生だからって、自分の専攻以外の仕事に需要がないと思っているそこのあなた。新しい選択肢に、「ベンチャー営業」を加えてみませんか?


就活コラム

ユーザーインタビュー

MANGA!始めようインターンシップ

インターンコラム


ピックアップ特集

TOPインターンインターンコラム一覧美大・技術系学生の就活
PAGE TOP