TOPインターンインターンコラム一覧何になりたい?と聞かないで!

何になりたい?と聞かないで!

就活コラム

大人になったなら何になりたい?が苦しくなったのはいつからだろう。

小さい時に卒業文集に書いた「○○になりたい!」という気持ち。お正月もGWもお盆も、親戚が集まるたびに○○ちゃんは何がやりたいんだ?と聞かれた事でしょう。当時は夢いっぱい、キラキラした大人像を描いて胸が踊りました。

学生は就活に際してまた、君は何になりたいんだ?と聞かれることになります。
あれ……?いつの間にか、この質問を投げられるたびに胸が痛くなってしまいました。

ただなりたい!という想いだけで仕事を得られるわけじゃないことを知ったから?自分の達成度が昔自分が思い描いていたよりも上手くいっていないから?いい意味でも悪い意味でも、現実を知ってしまったから……。

マクロミルの調査では、2015年卒の新入社員の中で「就職先が第一希望だ」と答えた人は49.5%。
http://monitor.macromill.com/researchdata/20150529freshman/index.html
きっと、自分のなりたい職業につけるか不安のひとたちは、まだ残る半数以上の先輩の姿をみてそう思っているのかもしれません。

そもそも自分のやりたいことがわからない、という問題

就活のためにとりあえず興味のある業界や企業をリストアップしたけれど、ふと自分が本当にこれをやりたかったんだっけ……と悩んでしまう学生が就活イベント参加者にもたまに見受けられます。

自分が働くということにまだイメージが湧かないという人も。

そもそも学生が普段関わる働く大人の数は限られているものです。

家族、先生、店員さん……?それが就活で一気に「将来の仕事仲間」です!と言われても、正直何を話すべきか、何を知るべきなのかもわかりませんよね。
なら、慣れるための就職活動、してみませんか?

それが、「取材型就活」です!

たくさんの大人・たくさんの世界を知る旅にでかけませんか?

自分にはやりたいことがない!という人。
焦る必要はありません。不安な人は、周りの大人に聞いてみてください。

「自分と同じ年のころ、やりたいことってハッキリとありましたか?」
かっちり決まって今の仕事に一直線だったよ!という人はそう多くないはずです。

そんなあなたには、就職活動をしながら情報を集めることをお勧めします。
やりたいことがない!と思っていても、こうだったらいいな、というビジョンはありませんか?

例えば「できれば地元で働き続けたい」「子供が出来たら育休などが充実してるといいな」「スーツじゃなくて私服でいいところはないのかな」などなど。そんなちょっとした質問に答えてもらうために、企業が出展している就活イベントに足を踏み入れてみましょう。

ちょっと待って!そんな質問したら、人事の人に足きりされるんじゃない……?と不安なそこのあなた。
自分に置き換えて考えてみましょう。

バイトに人員の空きがでて、申し込んできた人の面接をすることになりました。とくに質問はないです!と言われ、物分かりがいいのかな?と思ったあなたはその子を採用しました。

しかし、採用後その子から「週に1回しか来れなくなりました」「今度研修があるので2ヶ月くらい休むかもしれません」とメールが……。

どうして面接のとき言ってくれなかったの?と思いますよね。
企業の人事の方も、学生に対してそう思わないために質問をし、質問を促してるんです。

この子が会社に求める条件はなんだろう?
それはうちの会社が提供できるものなのかな?
企業は好き嫌いや、技能だけで人を選ぶのではありません。
一緒に会社の未来を歩んでいける人を探しています。

そのために、人事の方はあなたに聞きます。「何か質問はありますか?」やりたいことを一緒に探していける企業とマッチングするために、まずはこの質問のチャンスを逃さないようにしましょう。

質問は、あなたと企業の想いの共有機会です。
チャンスをうまく使って、自分がやりたいことはなにかを探す「取材型就活」、はじめませんか?

大人に会ってぶつかり合える!就活イベント
情熱フェスタ(http://www.passion-navi.com/staticpages/festa/index.html


就活コラム

ユーザーインタビュー

MANGA!始めようインターンシップ

インターンコラム


ピックアップ特集

TOPインターンインターンコラム一覧何になりたい?と聞かないで!
PAGE TOP