TOPインターンインターンコラム一覧産業能率大学 M.Kさん

産業能率大学 M.Kさん

ユーザーインタビュー

なぜインターンをしようと思ったか

企業・職種選びにおいて参考にさせていただきたいと思ったからです。
アイ・パッションでは様々なベンチャー企業をインターンを通して発見でき企業研究に繋がると思い、参加させていただきました。
また、私は人を支えることが好きでサポート役に徹することが強みであるので、秘書インターンは他の企業ではなかなか無く、珍しくやりがいがあると思ったからです。

インターンでどんなことをやっているのか

秘書インターンではおもにパソコンでの事務作業を行ってます。
見積書やリストファインダーの作成をしたり、お茶汲みやファイル整理など、社員の先輩方の仕事のお手伝いをさせていただきました。
また、ビジネスマナーについて丁寧に説明して下さったり会社に勤めるにあたっての心構えのお話も聴かせていただきました。

インターンをして感じたメリット

学生時代に実際に会社の仕事をさせていただけることは非常に良い経験になったと心底実感しました。
インターンをするとしないとでは大きく変わると思いますし、将来就職した際に上司は何を望んでいるのかとか会社の大まかな仕事の流れがわかると思います。
インターンを通じて出会った仲間とも情報交換や意識を高め合えることは安心感もあり、今後の就活においてやる気がでると感じました。
また長期でインターンをしていると仲間の成功を分かち合える喜びが生まれるので、非常にやりがいを感じながら仕事ができました。

インターンをして感じた苦労

とにかくパソコンが使い慣れてなかったと実感しました。
また、普段の生活で常に売上などの数字を意識したり戦略を考えるトレーニングをすることはどんな職種であっても大切なんだなと思いました。
使い慣れない敬語で電話対応することも非常に練習になりました。
あがり症なところがある私にとって電話対応は苦痛でしかなかったですが、とにかく明るく相手に好印象を与えられるよう努めました。

最後にメッセージ

インターンシップは就活をするにあたってとても重要な経験だと思います。
インターンを経験しておけば、企業がどのような人材を求めているのか、学生時代をどのように過ごしていけばいいか自分自身を見直すきっかけになります。
私は3年の夏に初めてインターンをしましたが、ぜひ1・2年生のうちに経験しておくことをお勧めします。
イベントもたくさんありますので「書店で表紙が気に入ったからこの小説を読もう!」というような感覚でイベントに参加するのも私は有りだと思います。
そこから新たな発見や目的が見つかるかも知れませんので、まずは興味を持ったものに積極的に取り組んでみてください。


就活コラム

ユーザーインタビュー

MANGA!始めようインターンシップ

インターンコラム


ピックアップ特集

TOPインターンインターンコラム一覧産業能率大学 M.Kさん
PAGE TOP