TOPインターンインターンコラム一覧福井県立大学 H.Nさん

福井県立大学 H.Nさん

ユーザーインタビュー

なぜインターンをしようと思ったのか

ずばり「ベンチャー企業で働く先輩方と出会い、一緒に働きたかったから」です。なぜベンチャー企業にこだわったかと言うと、ある出会いがきっかけでした。

大学入学時は、働くことに対してネガティブなイメージを持っていました。例えば、「日々単純作業に追われ、上司や取引先の愚痴をこぼす」、「現状満足し、夢や理念など特になく毎日だらだらと働く」などです。

そんな勝手なイメージを持ったまま大学3年になり、「今年就活だしそろそろ就活しないと、嫌だなあ……」と考え始めた春、とあるベンチャー企業で働く人事の方とお会いしました。その方とお会いし、働くことに対してのイメージが変わりました。

理念やビジョンをお持ちで、そこに向かって仕事をバリバリしていました。もちろん仕事の愚痴は言いませんし、ご自分の理想を追い求め仕事をこなしている。そんな姿が輝いて見え、こんな風に仕事をしている方にもっとお会いしたいと考えました。

そこから様々な社会人の方とお会いする機会が増えました。その中で、ベンチャー企業で働く方は理想がある方が多くいらっしゃいました。そんな方々のお話を聞いているだけではなく、是非一緒に働きたい。自分の人生観、職業観を深めたい。そう思いベンチャー企業でインターンを行っています。

インターンでどんなことやっているの?

新規営業を行っております。先輩社員の営業に同行をします。それだけでなく、一日数十件電話アポをかけ、自分でアポイントをとります。そして先輩社員に付き添ってもらい、企業を訪問します。

一緒にインターンをしている方は先輩の同行なし、一人で企業訪問も行っております。また、営業ミーティングに参加をすることや、勉強会に参加したりもします。

インターンをして感じたメリット

先輩社員方一人一人の理想やビジョンをお聞きし、人生観や仕事観が深まりました。

また仕事面ではベンチャーならではのスピード感。とにかく毎日学ぶことが多く、インプットをたくさん出来る事がメリットです。インターン2日目や時には1日目で現場に出させていただきます。実際に私はインターン初日に電話アポをしました。現場に出ると本当に学ぶことが多いです。なぜなら失敗が多いからです。

苦労面にも書いてありますが、例えばテレアポはたくさん断られました。つまり失敗の連続でした。しかしそこから「声の出し方やトーンを変えてみよう」、「トークスクリプトを見直そう」と失敗しては結果を見直しアクションを起こしました。日々この繰り返しを行い、今ではアポを獲得出来ています。失敗を失敗で終わらせず、結果を見直しアクションを起こすことの大切さに気付けたのはメリットです。

また、インターンに来ている他の大学生と出会えるのはメリットです。やはりベンチャー企業にインターンに来ているということもあり非常に意欲旺盛な学生が多く刺激になります。特に私のような田舎の大学生にとって東京の学生は良い刺激になっています。

インターンをして感じた苦労

主に仕事面での苦労が多いです。電話アポで断られる日々が続いたときは本当に苦労しました。精神的に苦労した部分が大きいです。また、その結果を見直し次にどうアクションするか考えるのも苦労をしました。同じインターン生と情報共有しつつ結果を見直したのはいい思い出です。

これは個人的な話になりますが、東京という土地でのインターンにとても苦労しました。水や空気もなかなか馴染めませんし、車社会だったので電車社会は馴染むのに大変でした。

最後にメッセージ

「迷っている……なら行きましょう!!」です。行かなくて後悔より、行って後悔。経験に勝るものはないです。本やネットからは絶対に得られない情報を得ることが必ず出来ます。ワンデイインターンなど、行きやすいインターンも増えています。まずは実際に足を運んでみてください。体験したらきっとはまりますよ!

また、ベンチャー企業で働いている理想を追い求め働いている先輩社員方に是非お会いしてください。人生観、職業観がとても深まるはずです。様々な企業、先輩方と知り合える、一緒に働けるチャンスは在学中の今しかありません。

この記事を読んで少しでも興味を持った方、是非インターンを体験してください!


就活コラム

ユーザーインタビュー

MANGA!始めようインターンシップ

インターンコラム


ピックアップ特集

TOPインターンインターンコラム一覧福井県立大学 H.Nさん
PAGE TOP