TOPインターンインターンコラム一覧長期インターンで給与をもらいながら働く

長期インターンで給与をもらいながら働く、という選択




学生といえばアルバイト!高校生の時よりも、自由に使うお金も増えてきたのではないでしょうか。
でも、裏を返せばアルバイトは、時間という対価を払って作業をしてお金をもらっているもの。
その作業、本当に将来に役立つスキルになっていますか?

・ 同じ世代、境遇の人との作業が中心である
・ ルーティンワークで、自分のやり方よりもマニュアル重視
・ 裁量権がある、といっても、あくまでもアルバイト業務の範囲だけ

たしかにアルバイトで仲間を作り、素晴らしい時を過ごすこともできます。
でも、3年生になったら、自分が社会に出たらどうなるのかをイメージするためにも、インターンをすることをお勧めします。
■ でも、インターンや就活ってお金がかかるから、結局またバイトすることになるでしょ?



インターンをしていたら、お金がなくなって、結局休みの日はバイト、平日はインターンでクタクタになった!と先輩に聞いたよ。
そんな学生がいました。でもそれって、選ぶインターンによるところが大きいんです。

有給インターンというものを聞いたことがありますか?
給与体系は様々ですが、企業によってはアルバイトのように時給を渡してインターンをさせるところも。

しかしこの時給、アルバイトと大きく違うところは「投資」であること。
アルバイトが就業の時間をさいた対価に時給を払っているとすると、
企業はあなたのパフォーマンスの対価として時給を払っています。

アルバイトでは自分が働いているときに売り上げが出なくても、別に自分に責任はない!と割り切れますが、インターンはそうはいきません。
「はたらくとはどういうことか」「お金を稼ぐとはどういうことか」給料をもらっているからこそ気づくことがたくさんあるのが、有給インターンです。

社会人になる上で、本当にちゃんと働けるのかが不安……。
そんなあなたは、長期の有給インターンで社会人の人と一緒に学びながら就業体験をして、
社会に出る前に「自分にできることはなにか?」を文責してみることをお勧めします!

就活コラム

インターンシップインタビュー

MANGA!始めようインターンシップ

インターンシップコラム


ピックアップ特集
TOPインターンインターンコラム一覧長期インターンで給与をもらいながら働く
PAGE TOP