TOP企業検索セカンドラボ株式会社
『前年比300%で事業が成長中の医療IT系ベンチャー!』セカンドラボ株式会社
『前年比300%で事業が成長中の医療IT系ベンチャー!』セカンドラボ株式会社

『前年比300%で事業が成長中の医療IT系ベンチャー!』セカンドラボ株式会社

【新卒残り2名採用予定】平均年齢28歳、離職者は2年近くゼロ、未解決の問題に新たなイノベーションを!


3320_president.jpg

自らが仕事を創る、ビジネスマンになろう。

代表取締役 巻幡 和徳セカンドラボ株式会社

学生時代は将来の『希望』より『不安』の方が大きく、社会に出たら、とにかくビジネス力を磨かなければならないと強く考えていました。
新卒で証券会社に入社し、同期350人中トップセールスに。
私自身、もともと自分自身で考え、行動したい性格。「考えたことを形にしたい」という気持ちも強くなってきたこともあり、27歳の時に、企業のコンサルをするベンチャー企業へと転職。 そこは、常識では考えられないくらいのパフォーマンスを継続して出すことが求められる厳しい環境の会社。『限界突破』することで、かなり『能力開発』されました。
その後、お世話になっていた先輩の会社へ転職。同社でセカンドラボの前身となる事業部を立ち上げ、事業が軌道に乗ったことを機に、2014年1月に事業部ごと独立させてもらいました。


代表取締役 巻幡 和徳

01 社員から見たイメージ
仕事に対しては、絶対に手を抜かず、ビジネスに対する熱い気持ちが社員にも伝わってきます。若手社員は社長からマンツーマンで仕事を教えてもらうこともあり、学ばせてもらうことがたくさんあります。しかし、仕事を離れると本当にフランクで、社員とも気さくに会話してくれる方。「物知り」というイメージも強いですね。

02 社長との距離
当社は、社長含め全メンバーが顔を見渡せる距離で仕事をしているため、誰とでもすぐに会話ができる環境です。また、一人ひとりがオーナーシップを持って動いている会社ですが、社員同士の仲はものすごく良く、変な派閥や人間関係の煩わしさを感じることもありません。社長とも、仕事の合間や休憩中などには、よく仕事以外の話題で盛り上がっています。

03 社長の野望
「売上が大きい=素晴らしい会社」だとは考えていませんが、会社の価値を高めるために、いろいろなことに挑戦し、社会に貢献できるサービスを増やしていきたい。
なお、私が仕事をしているのは人生をより面白くするため。日常生活において、ビジネスほど刺激が味わえることはありません。できないことに挑む、試行錯誤する、リスクもある。そういうものがあってこそ、人生は面白くなるのだと考えています。

04 新卒生に期待すること
社会人になるということは、皆さんが会社から指名され入社してくるということ。例えるなら、ドラフト会議で指名されるプロ野球選手と同じことなので、新卒の方も入社する瞬間から「プロ」という意識を持っていてほしいと思います。
難しいし、大変だけど、やりがいと刺激があることは約束します。仕事をやらされるサラリーマンではなく、自ら仕事を創るビジネスマンになりたい方をお待ちしています。


代表取締役 巻幡 和徳社長の「武将診断結果」

上杉謙信KENSHIN UESUGI


洞察力にすぐれ、戦略もたくみ戦を展開するタイプ。顧客にYesと言わせるためなら、手を替え品を変えアプローチを試みます。

あなたも武将診断で社長との相性を見てみよう!

説明会情報を見る エントリーする
  • 情熱フェスタ
  • インターン:営業力が身につくインターン
  • インターン:直近でいけるインターン説明会
  • 第二新卒:20代で管理職に

TOP企業検索セカンドラボ株式会社
PAGE TOP