TOP企業検索株式会社Cuon
株式会社Cuon《プログラミング未経験から一流へ!》

株式会社Cuon《プログラミング未経験から一流へ!》

完成形イメージ、無限大。ITノウハウを武器に、やりたいことはこれから探す。


株式会社Cuon《プログラミング未経験から一流へ!》

起業ストーリー

幼い頃に父を亡くし、早くから自立心が芽生えました。
大学では精密機械工学を専攻しましたが、
「将来は何としてもやってやる!」という想いが強く、2年生で就活をスタート。
IT業界に興味を持ったのも、ちょうどこの頃。
ITで起業した人が周りにおり、
その勢いや無限に広がる可能性を感じ、私も足を踏み入れることを決意しました。

まずはビジネスマンとしてのスキルを上げるべく、NTTデータへ入社。
優秀な500人の同期に囲まれる中、
どうにか目立とうと社内活動にも積極的に手を挙げました。

でも、自分には合わなかった。
大きな組織ゆえ、好きなことができるようになるまでに10年はかかる環境。
入社4年目に一大決心し、コンサル会社へ転職。
IT事業で上場を目指す会社を2社担当し、
「やはり自分はITだ」と改めて実感しましたね。
幸いにもプログラムの仕事まで任せてもらえたため、
全くスキルのないところから勉強し、技術を身につけることができました。

その後、メディエイドというITソリューション企業を経て、
当時の開発メンバー数人と一緒に当社を設立。

業務システム開発を中心に展開してきた当社ですが、
その軸となる考え方は「世の中に必要とされるものを創る」ということ。

また、私たちは「プロ」であることにこだわります。
ただ営業力があるとか、効率化を求めて外注するのは、我々の考えるプロではない。
おのおのが営業から開発まで一貫して担えるようになり、
お客様の求めるものに応え続けることが、Cuonの目指す姿。

社名の「Cuon」(久遠:仏教用語で永遠の意味)の通り、
会社を継続させ、お客様に、そして社会に貢献し続けることをミッションとしています。

社員が抱く会社の完成形イメージはそれぞれ違っていい。
個々がプロ意識を持った上で、やりたいことを実現できる会社でありたいと思っています。
業界からも注目を集める代表の林田。コチラは講演会の様子。

業界からも注目を集める代表の林田。コチラは講演会の様子。


エントリーする

事業内容

Web・モバイル関係でクールな技術が次々と生まれています。
それ自体はとても良いことなのですが、
残念なのが、その便利さが世の中に十分に認知されていないこと。

Cuonは、
「クールな技術を当たり前につかってもらいたい」という想いも持った会社です。
ビジネス環境が変化し続ける中、クールな技術で業界に一石を投じたいと考えています。

【具体的には??】

<Webシステム開発>
現在、注目度の高い言語である「Ruby on Rails」を用いたシステム開発を得意としています。
すでに100以上の開発実績があり、様々な開発状況に的確に対応できるノウハウがあります。

<Webプロジェクトマネジメント支援>
Cuonは、業務コンサルタント会社とシステム開発会社の両面を持ち合わせた会社です。
開発現場とお客様、双方の立場や状況を理解し、
常に最適なWebプロジェクトマネジメントを追求し続けることで、
多くのプロジェクトを成功に導いてきました。

上記の二つが現在の主事業です。

【Cuonの特色は??】

業界の中でもかなり早い段階で「Ruby on Rails」に注目した、
ということは大きな特色です。

もう一つが、一人ひとりの業務範囲を広く取っていること。
プログラマでもお客様と近い立場で考え、
また、コンサルタント・SEでもプログラマにもなる。
全社員がお客様との距離を近く保つことによって、
お客様が潜在的に望んでいるものを具体化することができるのです。

【ここまで読むと…】

「自分には難しいのでは!?」と感じられるかも分かりませんが、
そんなことはありません。

まだまだ新卒採用経験の浅い当社ですが、
逆に言えば「育てる自信があるから、新卒採用に踏み切った」とも言えるのです。

プログラムを経験していない人でも大丈夫。
実際、皆さんの一つ先輩、新卒一期生の内定者も、
プログラミング未経験者です。

経験豊富な社長や先輩たちが、あなたを「プロ」に育てます!
Ruby Woald Conferenceの様子を社内中継!

Ruby Woald Conferenceの様子を社内中継!


株式会社Cuon 3つのポイント

林田社長の目指すCuonの将来像 「一人が一つの会社を創る」

私はずっと、一流のビジネスマンを目指してきました。

私の思う「一流」の定義は、
「もし明日何があっても、また同じことができる」ということ。
たとえ会社が潰れても、また同じ規模の会社が創れる。
雇われの身であっても、他の会社から引き抜いてもらえる。
こんな人は、一流だと思います。

その究極形は、自分の力で事業を興してビジネスを進めること。
だからこそ、Cuonのメンバーには、いずれ一人一つの会社を創ってほしい。
そのための基盤や枠組みを作ることが、社長である私の役割。

私の限界が会社の限界になったらつまらない。
個々のメンバーが羽ばたけるチャンスを、必ず用意してあげたいと思っています。

森本取締役の目指すCuonの将来像 「未来があり続ける会社」

Cuonでは「Ruby on Rails」を使った開発を強みとしていますが、
それだけにフォーカスしたいわけではありません。
大事なのは「その技術を使って何ができるのか?」。

私が目指すのは、長く続いていく組織を創ること。
いくら技術力に自信があっても、
会社が継続しないことには何のメリットも生み出せないのです。
Cuonの未来があり続けるための方法を考えることが、私にとって最大の課題です。

今、興味を持っているのは統計学。
ビッグデータの処理などアカデミックなノウハウは、他社との差別化にも大きな要素となります。
今後もさまざまな可能性に挑戦しながら、Cuonの未来を創造し続けます。

石川役員の目指すCuonの将来像「エンジニアを幸せにする!」

私も経験ありますが、下請けで働くエンジニアの多くは、
自分が何のための仕事をしているのかも分からず、
上から言われるがままツラそうに作業をこなしています。

でも、ものづくりやサービスとは本来、そういうものではない。
エンジニアの力を最大限に発揮するためにも、
個々が目的意識とやりがいを持ち、幸せに働ける環境を創造したい。
私自身、お客様に対して常に最高のバリューを発揮できる人間を目指しています。

私が今後取り組みたいのは「教育」です。
育てたエンジニアはCuonで働くのも良し、
他にやりたいことがあるなら、全力で応援したい。
そうして生まれた縁は、必ず繋がっていくだろうと信じています。


企業情報

会社名 株式会社Cuon
業種・業界 ソフトウェア・情報処理/コンサル/その他
売上高 4.3億円 資本金 1,000万円
代表者氏名 林田 幸一 社員数 14名
男女比 男性12:女性2 平均年齢 30歳
所在地 東京都千代田区猿楽町2-1-1 浅田ビル5F
企業HP http://www.cuon.co.jp/
注目リンク 企業FBページも公開中!
https://www.facebook.com/Cuon.Inc
エントリーする

株式会社Cuon


  • 情熱フェスタ
  • インターン:営業力が身につくインターン
  • インターン:直近でいけるインターン説明会
  • 第二新卒:20代で管理職に

TOP企業検索株式会社Cuon
PAGE TOP